読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誰にでもすぐできるマイルの貯め方<年間20万マイル>

マイルって、飛行機にたくさん乗る人が、所持カードも航空会社系のクレジットカードにして貯めるものだとずっと思っていました。

実際そうやっている友人も近くにいたりしますし、飛行機に年数回しか乗らない自分には、あまり関係がないかなと。しかしながら2017年現在、私は出張族でも高所得者でもないのに年間20万マイル貯めることができています。

 

一般的なマイルの貯め方

・飛行機に乗って、マイルを貯める。
これ、当たり前というか、もともとマイルってそのために生まれたものですよね。たくさん飛行機に乗る方に、マイルを付与して、もっと飛行機に乗ってほしいと、そんな航空会社の想いで生まれたマイル。
なので、もちろん飛行機に乗るとマイルが貯まります。

たとえば、博多→羽田 通常運賃 片道 623マイル
たとえば、羽田→千歳 旅割   片道 420マイル

今は旅割とか、旅作パッケージとかいろいろお得な乗り方があるので、なかなか通常運賃で飛行機に乗るという方はいないんじゃないかと思います。お得に乗れて、マイルもたまってラッキー!でもその時、お得なその時は、もらえるマイルもちょっと減ってます。なぜなら、マイルというのは、下記の条件で算出されているから。

マイル = 区間基本マイレージ × 運賃種別ごとの積算率

なので、同じ博多→羽田線に乗ったとしても、通常運賃で乗った時は623マイルもらえますが、旅割だと467マイル。そう、月に1回出張で飛行機に乗るぐらいでは、なかなかマイルも貯めずらい世の中になってきちゃってるんですよね。

・クレジットカードで、マイルを貯める。

毎日のお買い物をANA発行のクレジットカードに集約してマイルを貯めてるという方、多いんじゃないでしょうか。私の友達にも5人ぐらいいます。お支払いはANAカードの友人。この方たちは、”陸マイラー”ですね。

では、毎月20万円、年間200万円程度クレジットカードで決済してマイルを貯めたとして、マイルはどれくらい貯まるのでしょうか?
クレジットカードによって、貯まるマイルのパーセンテージは異なると思いますが、とりあえず1%で考えてみましょう。

・年間200万円 × 1% = 20000マイル

20,000マイル!マイラーとしては、貯めたマイルでハワイとか、パリとか行きたいわけなのですけど、20,000マイルでは・・・ちょっと特典航空券でハワイは厳しいです。韓国とか、台湾がせいぜいです。

f:id:anamilepoint:20170221181417p:plain

こちらが、日本発着の海外路線特典航空券の必要マイルチャート。季節ごと、座席クラスによって前後がありますが、ハワイにいくなら少なくとも35,000マイル。ヨーロッパにいくなら、少なくとも45,000マイルが必要。ヨーロッパにエコノミーで行くのはまじつらいので、ビジネスでお願いしたい!そいういう方は、80,000マイルが必要になってくるわけです。

そんな40,000マイルも80,000マイルも貯めようと思ったら、クレジットカードでどうにかなるんでしょうか?富裕層で、ない限り無理だと思います。富裕層で、年間1000万円ほどクレジットカードで決済をして、それでやっと10万マイル。

一番冒頭で挙げた20万マイルが、クレジットカード決済で貯まるわけがありません。

ポイントサイトを経由して、マイルを貯めるということ。

f:id:anamilepoint:20160618114527p:plain

2017年現在、出張族でも富裕層でもないのに年間20万マイル以上を貯めてる人、彼らは全員、この方法で貯めています。ポイントサイトを使って、マイルを貯めているんです。

ハピタスやポイントタウンのようなポイントサイトで、クレジットカードを発行したりお買い物前にリンクを踏んだりすることでポイントを貯められるのはご存知かと思います。クレジットカード発行で9000ポイントや、FX取引で15,000ポイント、保険相談10000ポイントなどの案件がたくさんあります。


これらは、1ポイント=1円としてnanaco楽天Edyなどに変換して使うことができます。しかし、1円にしてしまうのはもったいない!こちらのルートを通すことで、1ポイント=1円以上の価値があるANAマイルに変換して、年間20万マイルや30万マイルを稼ぐことができます。

 

決め手は交換ルート

f:id:anamilepoint:20160904185046j:plain

 

ハピタスで貯めたマイルを、すぐにANAマイルに等価交換できると
話が早かったのかもしれません。
しかし現状はハピタスのポイント交換先にANAマイルはないため、
いくつかのポイントサイトを経由して、ANAマイルに変換する必要があります。

 

その黄金ルートがこちらです。

(1)ハピタスでクレジットカード発行などを行い、月に20000ポイント貯める。

(2)ハピタスの20000ポイントを.moneyに交換。

(3).moneyの20000ポイントを、ソラチカカードでメトロポイントに交換。

(4)メトロポイント20000ポイントを、ANAマイル18000マイルに交換。

 

多少めんどくさい、ややこしいと思う方もいらっしゃるかもしれません。
実際、慣れるまでは多少めんどくさいです(笑)。
いくつものポイントサイトを経由するので、それぞれに交換締め日があったりして
すぐに結果が出ない。
(ハピタスでポイント獲得してから2−3ヶ月かかると思っていたほうがいいです。)

 

けれど、多少めんどくさいだけで、年間20万マイルです。
テクニックも、収入も、出張もいらないんです。

年間20万マイルでいける場所

夫婦2人で夏休みにハワイ、冬休みにヨーロッパ。
どちらもビジネスクラスで行くことができます。
もちろん、家族で夏に沖縄旅行・冬に北海道旅行なども20万マイルあれば賄えます。

 

個人的には、海外の遠距離線でビジネスクラスを気兼ねなく使えることが
非常にアツいと思っていますが(12時間のエコノミー飛行の耐え難いこと・・・。)
とにかく、行きたいところにポイント活動だけで快適に行けると思って間違いないです。

 

はじめてみよう、と思った方へ

ちょっくらやってみっか!と思った方、ぜひ。
まずは下記2つのポイントサイトと、ソラチカカードの作成をおすすめします。

 

(1)ハピタスに登録(無料)

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 ↑こちらのバナーから登録すると30ポイントもらえます。

 

(2).moneyに登録(無料)

f:id:anamilepoint:20160904185201p:plain

 

 

(3)ソラチカカードを取得 

f:id:anamilepoint:20160618122334p:plain

 

 

ポイントサイトは、ハピタス以外にも、ポイントタウン、ポイントインカム等
いろいろありますが、とりあえず案件が多くて貯めやすいのはハピタスだと思います。なので、とりあえず始める方はこちらの3つから。
慣れてきたら、ポイントサイトの数を増やして、
この案件はどのサイトで行うのが一番得か、比較しながら行ってもいいと思います。

 

最初から情報量やタスクが多いと、さらにめんどうくさくなりがちなので。
まずはシンプルに、ハピタスで案件→.money→ソラチカ→ANAのルートを
試してみてください!

 

 

ana-mile.hatenablog.jp

 

ana-mile.hatenablog.jp